ガラパゴスとフルイ機のコンビネーションで上質な山砂の出来上がり!

製品選びは慎重に

スペクトラム

現在spectrumanalyzerを製造販売している会社は、国内に何社もあります。製造している会社によって、名称はもちろん価格も異なります。また、周波数レンジや受信可能帯域などにも違いが見られます。つまり「spectrumanalyzerであればどの製品でも良い」という考えで購入するのは非常に危険であるということが言えるのです。スペクトラムアナライザの種類はもちろん、スペックやサイズなどいろいろな部分を考慮しながら製品選びを行なうようにしましょう。

spectrumanalyzerは、価格に大きな幅があります。安いものであれば10万円ほどで購入できますが、高いものだと100万円近くの価格が付きます。中には自分で組み立てられる「spectrumanalyzerキット」なる製品もあります。このタイプであれば数万円で手に入れられます。ただこのようなキットはスペック的に既成品に劣ってしまうものがほとんどなので、業務に使用するものであればそれなりに良い値段の製品を購入したほうが無難かもしれません。スペクトラムアナライザの購入を検討している企業の中には、「中古にはちょっと抵抗がある」としているところもありますが、状態が良いものであれば中古であっても全く問題ありません。もともとspectrumanalyzerを扱うところは、spectrumanalyzerを精密機器として丁寧に扱っています。そのため、中古品であってもしっかり原型を保ち問題無く使えるものがほとんどなのです。